中性脂肪を落とすため、食事と運動の両面で生活習慣を改めていきます!

自分では認めたくありませんが、世間一般で言うところの中高年という年齢に差し掛かり、見事に人間ドッグで中性脂肪が高いと指摘されてしまいました。

確かにここ何年も運動不足の状態は続き、食事も脂質や脂肪分について何も考えないメニューばかりだったなと反省しきりです。

そこで一念発起し、生活習慣を改めることにしました。

このままでは中性脂肪が上昇し続け、糖尿病や動脈硬化、それに伴う心疾患や内臓系の病気に罹患してしまう可能性が高まってしまいますからね。

というわけで、私は食事療法と運動療法を併用して実施していくことにしました。

やるならば徹底的に生活習慣を改めた方が良いですからね。

そして私が実行した食事療法ですが、アルコールの禁止、食物繊維やビタミン類の豊富な食材の積極的な摂取です。

食物繊維の豊富な食材と言えば、ごぼうやこんにゃく、キノコ類があげられ、ビタミン類が豊富な食材と言えば海藻類や柑橘系のフルーツなどがあげられますね。

いかにもヘルシーって感じはしませんでしょうか。

そして脂肪分はなるべく摂取しないようにしました。

ただし、完全に断ち切ってしまうと肌のうるおいも無くなってしまいますので、私はそれを補完するために毎日えごま油をスプーンで一杯飲むようにしました。

実はえごま油は中性脂肪を下げる効果があるらしく、肌のうるおいも補完で来て一石二鳥だと考えたわけですね。

運動は隣駅で降りて、自宅まで歩くようにしました。

30分ほどのウォーキングですが、軽く汗をかくくらいになりますので案外と良い運動になりますね。

これらを続け、次回の人間ドッグを目指したいと思います。

思い切り中性脂肪の値を下げ、主治医たちを驚かせてやりたいですね!

元気で夫婦で長生きするために今できること

朝 起きるとドキドキします。 主人がまた痛みを訴えないか。 主人は生活習慣病にも入る持病を持っているため 毎日の食事がとても大切で脂肪の摂取制限がわずか20gです。 料理を作るのはもちろん妻のわたしです。 脂肪で栄養が取れないため ご飯や緑黄色野菜のかぼちゃやほうれん草 人参や芋類を中心に玄米や低脂肪牛乳 あとは納豆などの豆類と果物で栄養不足にならないように補っています。 

またストレス解消のために映画を見たり ウオーキングをしたりあるとあらゆることをして病気の再発と予防に勤めています。 脂肪は体に大きな負担を与えます。 もちろん育ち盛りの子供や体力仕事をする人にはなくてはならないものですし 全くとらないというわけにはいきません。 

しかし 脂肪は体内の蓄積時間も長く消化もよいとはいえません。 食事が欧米化すると今まで日本人にはあまり無かったすい臓の病気や糖尿病など様々な深刻な病気になってしまいます。 飲酒も大きな要因だとおもいます。 主人は病気をしてから一滴もお酒を口にしていません。 

それが医者の指示でもありますし 本人が何より再発を恐れているので一生飲むことはないでしょう。 薬は何もないため 病気を治す薬は毎日の食事と規則正しい生活なのです。

中性脂肪を下げるために腹八分を守り ゆっくりよく噛んで旬の野菜で旬の魚で和食中心のご飯を美味しく楽しく頂き 早寝早起きという昔のひとがしていたような生活が今の主人の治療法です。